消臭

臭いを気にし過ぎることは、あまり良くない!?

 

いい大人が「あの、あなた臭いんですけど…」なんて言わないものです。
そう…大人は目の前の人が臭いと思っても、それを隠すものなのです。
だから…自分が臭いと知る機会は案外少ないのです。
そして…人は自分が臭いと知った時…案外傷つくのですΣΣ(゚Д゚;)

 

はい…そんなわけで、臭っている人にそれを伝えることがあるならば、さりげなく教えてあげて頂きたいと思う今日この頃です。これは私が「自分の臭いに気が付き傷つきましたー」ということではなく、そのように気にする人が結構多いらしい…ということです。

 

確かに、朝の満員電車とか…ちょっと口が臭う人…いますもんね。
(私が言うのもアレですが…。)

 

臭いと感じている人

▲言葉には出さなくても…部下はこんな感じだったのかも▲

 

臭いには精神的な影響もある

で、この状態の何が危険なのかというと、臭っている人がそれを改善するために努力するのは良いことなのですが、実際には臭っていないのに「自分は臭っているのではないか…」と過剰に気にする人が増えてきているそうなのです。そして、それが精神的なストレスになってしまう可能性もあるのだとか…。

 

男性に限らず、人間なんてみんな臭う時はあると思うのですが、色々なエチケットアイテムが登場している現代だからこそ、臭うことは許されないという風潮があるのかもしれません。実際に、好感度アンケートなどでも清潔感は常に上位にランクインされていることが多いですし…。

 

そんなわけで、私のように臭いに全く鈍感だった毛むくじゃらの男が、あれこれ調べ始めるという奇跡のような事象も起こってしまうわけです。そして、私は加齢臭対策石鹸を導入するという暴挙に出るのであります。

 

奥様方…
くれぐれも旦那さんの臭いを指摘する際には、お手柔らかにお願いします(´・_・`)

 

>>続く

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加