臭いのつかない布団

布団に臭いがつかないようにするには!?抗菌・防臭布団を使うメリット

 

抗菌・防臭仕様の布団を使っていますか?

 

ダニやホコリを始めとする布団の中に潜む天敵…
鼻炎や喘息の原因と言われていて、部屋の臭いの原因にもなってしまいます。

 

特にダニについては、布団のある寝室は居間の8~10倍もいると言われているそうで、放っておくことでその量はどんどん増えてしまうのだとか…。ダニにとって、布団を始めとする寝具は、大好物の埃やフケが大量にあるので増殖する格好の環境というわけです。

 

「今日は疲れた~」と倒れるように眠るその布団がダニだらけだと考えるとゾッとしますよね。
そんな時にオススメなのが、抗菌・防臭対策をした寝具。

 

「ダニを完璧に駆逐することなんて無理でしょう?」と思ってしまいがちですが、この手の寝具を使うメリットは結構大きいです。そんなわけで、今回は抗菌・防臭対策を施した寝具のメリットについてまとめてみたいと思います。

 

布団は毎日洗うことができない

当たり前のことですが、布団を始めとする寝具は丸洗いできるものが少ないです。
まぁ、布団なんて分厚くて大きいので仕方のないことですよね。

 

衛生面で注意できることと言えば、布団や枕にかぶせているシーツを頻繁に洗濯することくらいでしょうか。それでも、毎日洗濯するというのも現実的ではないわけで…。

 

そういう意味では、寝具を衛生的にすることは思っている以上に大変なわけです。
前途のように、ダニは短い期間で驚異的な増殖をするので、放置するのは危険…ΣΣ(゚Д゚;)

 

布団をキレイに保つには干すのが一番ですが、これも頻繁にできることではありません。
忙しい中で布団を干すことを考えると、1週間に1度がいいところではないかと。
しかも、布団を干すのなんて天気に左右されるので、雨だったら終わりです。

 

「よ~し、明日布団を干そう」と思って雨だったら、結構ヘコみますよね。
布団にはダニが10万引きいるなんて言われていますが、布団を干せないとなると、またダニの数が増えるわけですから。

 

布団は清潔にしなければいけないのに、清潔にすることが最も難しいもの…
この辺りに、抗菌・防臭対策をした布団の存在意義があるわけです。

 

 

↓↓ 実はダニが臭いの原因なのかも…何となく臭い部屋の臭いに ↓↓

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加